読んだ本の内容を紹介します

お気に入りに追加

リンク
最近の記事
過去ログ
ブログ内検索
書籍、著者名、キーワードを入力
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コトラーのマーケティング講義

マーケティング。定義するのは難しい。敢えて言うならば、企業経営を最適化するための潤滑油か。マーケティングに携わって40年。フィリップ・コトラーがマーケティングのコンセプトを再検討。 私のような全くの初心者でも読めて、何かやりたいという気持ちが出てきます。 80のコンセプト(アウトソーシング、ポジショニング、広告、etc.)をリストアップ。                                    reported by シコフスキー
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
「プリンシプルのない日本」白洲次郎

 今回紹介する本は、白洲次郎著の「プリンシプルのない日本」です。


プリンシプルのない日本

 この本を読見たいと思ったきっかけは、「白洲次郎 占領を背負った男」を読んでからである。


今は、「風の男 白洲次郎」も読書中。 この本は、GHQ占領時代から、遅いものでは1960年代後半までに白洲次郎自身が雑誌に寄稿したものをまとめたものである。。


文芸春秋が中心。本の終わりのほうでは、座談会という名目で白洲次郎・河上徹太郎・今日出海が鼎談している。


 


 内容のほとんどは、日本国内の政治家や経済界のお偉方、さらにはGHQに対する苦言を遠慮なく述べているものである。またそれだけでなく、国民に対する叱咤(激励)もある。戦後日本史で時代の背景を知っていれば、より楽しめる本である。


 


白洲次郎の言うことは、当時においては横柄に聞こえたかもしれない。彼の予言は少なからず外れてもいる。でも、彼のような上部に躊躇なく物申す人がいたからこそ、今の日本があると思うと感謝せずにはいられない。


 この本を読んでいると、彼の真摯で素直な態度には感銘を受ける。戦争を背負った世代としての孫の世代のことを本当に真剣に考えてくれていたんだなあと、このような人が今の政治家・官僚に何人いるのだろうかと思ってしまう。


 


「吾々の時代に、この馬鹿な戦争をして元も子もなくして了った現在、次の時代に来る人々のためには幾許でもこの負担を軽くして、少しでももっと明るい世の中にして次の時代に引継ぐ義務をも感じる。」


 


などの発言をみると、私達の世代も後の世代のために、税金の問題や年金の問題もずっと後回しにはできないぞ。と、考えてしまう。


 


 この本での、発見の一つに、白洲次郎自身のこの発言。


「この憲法の草案なるものは日本の占領が始まる余程以前から準備されていたという事実を私は信じる。」


 この発言は、占領期終了後だと思われるが、当時の日本の上層部も同じ考えだったのではなかろうか。と、ついつい思ってしまう。事実は一週間ほどで、民政局が中心となって日本国内で創ったものである。


 


 また、「象徴」のはじまりの項では、


「後日学識高き人々がそもそも象徴とは何ぞやと大論争を展開しておられるたびごとに、私は苦笑を禁じえなかった」


と、こっちまで思わず苦笑してしまうエピソードを綴っている。


 というのも、この項でも説明しているが、「天皇は国家のシンボル」のsymbolを白洲次郎が和訳したであるが(彼はGHQ草案を翻訳する作業に参加していた)、


 


「翻訳官の一人に『シンボルって何と言うのや』と聞かれたから、私が彼のそばにあった英和辞典を引いて、この字引には『象徴』と書いてある、と言ったのが、現在の憲法に『象徴』と言う字が使っている所以である。」


と語っている。


 


 白洲次郎の人柄を知るにはいい本ではないだろうか。とは言っても彼自身の著作はこれしか出されていないようなので。


 


白洲次郎を上司にしたい度 90%





白洲 次郎
新潮社 (2006/05)





スポンサーサイト
【2006.08.12】 戦後史・GHQ
TRACKBACK(0) // COMMENT(2) []
「1945年のクリスマス」ベアテ・シロタ・ゴードン

 今回紹介する本は、ベアテ・シロタ・ゴードン著「1945年のクリスマス日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝」です。彼女が、口頭で伝えたものを、平岡磨紀子さんが文を構成しています。


 ベアテさんはユダヤ人を両親に持ち、父親がピアニストだった関係で、作曲家・指揮者の山田耕筰の招待で来日。5歳から15歳までの10年間を日本で過ごすことになります。


 その後、彼女はアメリカに留学のために渡米するが、その間に日米太平洋戦争が勃発。どうしても日本にいる両親に合いたい彼女は、GHQの求人に応募。その語学力と、流暢な日本語を買われてGHQ占領に伴って再来日し、日本国憲法の人権に関する条項に携わることになる。


 


 本の、半分は彼女の伝記となっている。後半は、彼女が携わったジャパン・ソサエティについても触れられている。


 本は、戦後数十年後に書かれており、内容は当時、メモ魔と言われていたエマラン女史によるものが多いらしい。


 当時のGHQ内での、あわただしさや、草案をマッカーサーに届けるまでの緻密な過程などが垣間見れる。また、ケーディス大佐やホイットニー准将など、日本国憲法において大きな役割を果たした高官達の当時の印象などが、彼女(当時20代前半)の目線から語られているのもおもしろい。


 


 本書は、日本国憲法に関する本として捉えるよりも、彼女、ベアテ・シロタ・ゴードンの伝記としてみるべきものだろう。


 伝記として読んでみても、かなりおもしろい。日本での生活や、世話人の話。両親の話など話題が豊富でユニークにとんでいて、且つユーモラスに書かれている。


 また、日本国憲法草案を書き上げる段階での、GHQ内でのみんなの情熱や、彼女の女性の権利に対する思いも伝わってくる。いろいろ、現在の日本国憲法に対しては様々な批判があるが、短期間であそこまでの憲法草案を作り上げた彼ら彼女らの、真剣さと情熱も知って損はないだろう。

<
ベアテ・シロタ ゴードン Beate Sirota Gordon 平岡 磨紀子
柏書房 (1995/10)
おすすめ度の平均: 3.33
1 いったい真実はどこに?
4 新鮮な感動が。
5 波乱万丈


【2006.08.11】 戦後史・GHQ
TRACKBACK(5) // COMMENT(0) []
足相撲

 先日、第3回広辞苑マラソンで紹介した足相撲を今日の夕方にドスコイしてみました。


 3戦で決着をつける真剣勝負です。


 気合を入れるために、塩をまくことを考えましたが、この暑ったるい日に塩でもまいて、ベチャベチャになることは如何せん避けたい。ということで、取りやめました。


 最初は結構なスペースが必要と考えていましたが、意外と準備してみると、1.5畳もあれば可能と判明。早速、プレイ開始!


 片足しか使えませんので、技術が力よりも重要であることがわかりました。思っていたような豪快なスポーツではなく、むしろ逆で繊細なスポーツだったのです。


 これは、プレイしないとわからないと思いませんが、相手の重心をいかにして傾けるかが、やるかやられるかの境目となります。


 


 結果は、2対1で私の勝利でしたが、至極楽しいと結論づけたいと思います。



 幼稚園から小学生あたりでは、メガヒットする可能性を秘めたスポーツであると思います。大人でも、ニッチの世界ではウケると思われます。


 ただ如何せん、伝承のする人がいません。 



 ので、もしこの記事を読んだ人があれば、是非プレイしてその楽しさを周りの人たちに伝えてほしいと思います。どうぞ宜しくお願いします。


 


 管理人は、いつの日か足相撲がオリンピックとはいかないまでも、腕相撲(アームレスリング)のように世界大会が行われるようにと願っています。



俳句


あしずもう 塩いらずして 楽しいかな


解説(「足」と「悪し」が掛かっています。「は悪いものを追い払う」と「相撲で投げる」が絶妙に掛かっています。)



【2006.08.07】 雑談
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
「ダ・ヴィンチ・コード」 ダン・ブラウン

 今回紹介する本は、ダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」です。



ダ・ヴィンチ・コード(上)

 本書を読んだのは今年の初めぐらいだったでしょうか。まだ、文庫本が出る前に買いました。


 


 私は、画が好きで(描くのは下手ですが)、レオナルド・ダ・ヴィンチは好きな画家の一人です。


 


 が私は、根っからのひねくれ者でして、流行ると手を出したくなくなる質なので、長い間読んでいませんでした。


 この本の存在を忘れかけていた時、映画化されるというニュースを見ていたのか、本屋に出かけたところ、衝動的に買ってしまいました。


 


 ここから、この本の感想にうつりたいと思います。


 といっても、小説のネタばれはタブーですので内容は伏せておきます。


 


ダ・ヴィンチ・コード(中)

 まず、小説の冒頭で、「本書はすべて事実である。」と述べていますが、それは、各自判断すればいいと思います。


 真偽云々は全く意味がありません。


 歴史的なことですし、特に昔の歴史を扱う場合は、


「これは正しい、あれは違う」と断定することは、当時の文書の内容がどうであれ不可能なことです。


 


 この本は、そのことについてあれこれ考えたり、考察したりすることが出来る本で、


 私達の想像力を広げてくれる楽しいものだと思います。


 


 私もこの本を読んで、関連本を10冊ぐらい読んで、ちょっとした研究をしてみました。


 この本に対する歴史書としての評価は、各自で判断すればよいと思います。


ダ・ヴィンチ・コード(下)



 ここからは、ミシウテリー・サスウペンス小説としての評価をしたいと思います。


 非常に楽しめる本ではないでしょうか。



 私は、こういう系統の本はあまり読みませんが、とてもワクワクしました。


 家に帰るのが待ち遠しかったのと、あと本を読み終えたあとの、何かあの悲壮感といいますか、


「小説終わってしまって明日からどうしよう」


 的なのはありました。はまればすぐに読み終えてしまうと思います。




 世界史を高校の時に勉強した人はより、さらにダヴィンチのことを知っている人は、より楽しめる本だとおもいますよ。




 歴史書としての評過度 ?


 ミステリー・サスペンス的に楽しめる度 85% 




ダン・ブラウン 越前 敏弥
角川書店 (2006/03/10)


ダン・ブラウン 越前 敏弥
角川書店 (2006/03/10)


ダン・ブラウン 越前 敏弥
角川書店 (2006/03/10)


【2006.08.03】 小説
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
阿呆の鼻毛で蜻蛉をつなぐ(第4回広辞苑マラソン)

 前回は足相撲までいきました。


 近いうちにプレイしたいと思っています。


 



 さて、ページをぱらぱらとめくっていきます。


 もう4回目ですので、何と言うか、感覚が麻痺してきてしまっているんですよね。


 気づき始めてはいたのですが、おもしろさに対して厳しくなっているというか、


 ちょっとやそっとの言葉には、引っかからなくなってるんですよね。


 




 途中、くすぐる言葉もありはします。


 




 


あせだく 


{汗だく} (「汗だくだく」の略)汗をびっしょりかいているさまP48


 


 赤字は私が、付けたものですが、こういうのがくすぐるんですよね~


 しかし、インパクトにかけるんですよね。何かが足りない。


 


 そんなこんなしている間に60Pを過ぎました。


 途中から、もう心をくすぐる言葉には一生出会えないと思えてきます。


 


 そんなこんなしていると、ファインダウト!


 


 



 


あほう{阿呆}P68


 




━の鼻毛で蜻蛉(とんぼ)をつなぐ


(阿呆の鼻毛はトンボをつなげるほどに長いという意で)
この上もなく愚かなこと。


 


 






今回は今までと違って、あほうの中にあったをピックアップしました。



阿呆の鼻毛で蜻蛉をつなぐ。


こんな諺は聞いたことがありませんでした。インパクトありますね。



これは、漢字検定一級持っている人でも、問題に出てきたらアウトーでしょう。


 



それにしても、こんな諺を発明した人とはどんな方だったのでしょうか。


これは、使いこなすのは至難の業です。


相当キレるお方だったに違いありません。



 




上の諺をググって見ましたが、これといって新たな発見はありません。


 




仕方なしに、Wikipediaを覗くと、それは鼻毛の項でした。




面白いことが、色々書かれています。


 


鼻毛を抜いたとき目から涙が出るが、必ず抜いた鼻の穴の側の目から出る。


 


初めて知りました。


皆さんも今度、鼻毛を抜くときに確かめてはいかがでしょうか。


 





最後になりますが、Wikipediaの鼻毛の項のリンクで、


鼻毛のごまかし方」と題するページがありました。


画で楽しく、ごまかし方を教えてくれます。是非見てみてください。




【2006.08.02】 雑談
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
朝ナマ常連パネリストを北斗の拳の登場人物に例えてみた

 なにか面白いブログはないかと探していたら、ありました。朝生の出演人を、北斗の拳の登場人物にたとえているページがあったので紹介します。


 かなり、当てはまっていると思います。


 最後の「四宮正貴  ハート様」は、そこきたか!って感じでした。


 是非ぜひ、足を運んでみてください。


 朝まで生テレビを見ている人、且つ北斗の拳を知っている人なら絶対楽しめます。


 


 菊リンさんのホームページはこちら


【2006.08.01】 雑談
TRACKBACK(0) // COMMENT(0) []
| BLOG TOP |

白洲次郎 占領を背負った男

白洲次郎。 GHQ占領期において、吉田茂の相棒として活躍。マッカーサーやGHQ幹部に対しても、流暢な英語を操り、物怖じすることはなかった。 問題児として扱われ、茶坊主と呼ばれる。しかし、彼は誰に対しても自分の考えを曲げない、規格外の日本人だったのだ。 実業家の息子として生まれ、中学時代から車を乗り回し、大学はケンブリッジの最難関クレア・カレッジに入学。貿易長長官に就任し、通商産業省を設立。                            reported by シコフスキー
RSSフィード
お気に入り
プロフィール

相田シコフスキー

Author:相田シコフスキー

好きな画家はレオナルド・ダ・ヴィンチ、エドヴァルド・ムンク、サルバトール・ダリ。

中田英寿が引退したのを受けて初めて、自分の青春が彼の存在であったと気づく。

GHQと戦後という言葉には敏感に反応する。

最近のコメント
最近のトラックバック

Copyright © 2005 本野郎 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。