読んだ本の内容を紹介します

お気に入りに追加

リンク
最近の記事
過去ログ
ブログ内検索
書籍、著者名、キーワードを入力
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コトラーのマーケティング講義

マーケティング。定義するのは難しい。敢えて言うならば、企業経営を最適化するための潤滑油か。マーケティングに携わって40年。フィリップ・コトラーがマーケティングのコンセプトを再検討。 私のような全くの初心者でも読めて、何かやりたいという気持ちが出てきます。 80のコンセプト(アウトソーシング、ポジショニング、広告、etc.)をリストアップ。                                    reported by シコフスキー
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
The Oxford Reverse Dictionary

 今回紹介するほんは "The Oxford Reverse Dictionary " です。日本語に訳せば、逆引き辞典になるでしょうか。


 


 


The Oxford Reverse Dictionary (Oxford Paperback Reference)

 


 この本の正当な使い方は、思い出したい単語が出てこない、あの歯がゆい時に使います。


例えば、「太陽のあの点、何やったっけあの黒い点。日本語で黒点いうけど、英語でなんやろうblack なんとかやろうか」という時に使います。


 


 まず、sunをひきます。するとそこには、太陽関係の用語が並んでいます。


  sunの場合はまず、combinig formsが示されています。helio-, sol- とあります。これは結合辞と言われるもので,この場合”太陽の”を意味します。例えば、


 


heliocentric theory 太陽中心説 


solar battery,  solar cell  太陽電池


 


みたいなことです。次に、adjective: solarとあります。 その下から、太陽関係の単語や熟語が並んでいきます。ちなみに、黒点は上から5番めにありました。


dark patch on the sun: sunspot


 


上ように、単語、熟語の前には簡単な説明があります。太陽の場合は、28個の関連語がしめされています。関連語の数は、多かったり少なかったりとまちまちです。


 


 ここまでの使い方は、正統派です。僕はもっぱら単語を覚えるのに使っています。これはNHKでおなじみの投野由紀夫さんが薦めていたものです。簡単な例を挙げますと、こんな感じです。


day


  これはdayを調べて書いたものです。辞書には関連語が書いてあるので、何となく似たカテゴリーかなと思ったものは、線を引いてくっつけていきます。これは、分かりやすいように控えめに書いてますが、繋げようと思えばいっぱいつなげます。これを、トイレなんかに何枚か貼り付けておきます。なかなか効果ありますよ。


 


辞書の実用度(正統派) 10%
使いこなせばもしかして度 80%





David Edmonds
Oxford Univ Pr (T) (2002/04/15)
売り上げランキング: 8,620


おすすめ度の平均: 4.33

3 本物の語彙力を作るための辞書
5 Very Original Dictionary
5 英語の語彙を増やすのに最適





サイズ(20×13cm)ほど

スポンサーサイト

PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://honyarou.blog58.fc2.com/tb.php/4-499ffd1b

白洲次郎 占領を背負った男

白洲次郎。 GHQ占領期において、吉田茂の相棒として活躍。マッカーサーやGHQ幹部に対しても、流暢な英語を操り、物怖じすることはなかった。 問題児として扱われ、茶坊主と呼ばれる。しかし、彼は誰に対しても自分の考えを曲げない、規格外の日本人だったのだ。 実業家の息子として生まれ、中学時代から車を乗り回し、大学はケンブリッジの最難関クレア・カレッジに入学。貿易長長官に就任し、通商産業省を設立。                            reported by シコフスキー
RSSフィード
お気に入り
プロフィール

相田シコフスキー

Author:相田シコフスキー

好きな画家はレオナルド・ダ・ヴィンチ、エドヴァルド・ムンク、サルバトール・ダリ。

中田英寿が引退したのを受けて初めて、自分の青春が彼の存在であったと気づく。

GHQと戦後という言葉には敏感に反応する。

最近のコメント
最近のトラックバック

Copyright © 2005 本野郎 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。